So-net無料ブログ作成

藍色・・・ [拾う]

17.04.29.jpg

アレ?!

コレドコデヒロツテキタツケナ・・・
nice!(0)  コメント(0) 

らむね。 [拾う]

17.03.08-1.jpg

先日の渓で拾ったビン。

さして珍品でもないけど・・・

なにやら郷愁を憶えましたね・・・

底には「☆」「4-8」と刻印が・・・

調べても多様すぎてわからんし(笑)

ナカミノビーダマトルノダケハヤメトクカナ
nice!(0)  コメント(0) 

古ビン・・・ [拾う]

2016.0929-1.jpg

オオシモカイシユンドウトイウラシイ・・・

2016.09.29-2.jpg

ご存じ、「フマキラー」。

集落跡の「古ビン」収集癖は今にはじまったことではないけど(笑)

コレはちょっと嬉しい拾い物でしたな(笑)

少なくとも70年~80年近くは、あの場所で眠っていた「ビン」・・・

ウムナニヤラロマンダナアワカルカナワカナンネイダロウナア
nice!(0)  コメント(2) 

ファンタ・・・ [拾う]

13.11.05.jpg

拾ったビン・・・

ホノカニアマイキオクガヨミガエル・・・
nice!(0)  コメント(0) 

古祖母で古ビン。 [拾う]

091019-0.gif

先日の登山で同行していた先輩が見つけてくれました(笑)

ウイスキーのミニボトルにも見えなくもないが・・・

スクリューキャップじゃないしなぁ・・・何だろ?!

おかげで、いろいろと妄想できそうです(笑)
nice!(0)  コメント(2) 

小倉油ビン [拾う]

090607-1.gif

さて、そういうわけで今回は長文でいってみよう。

 ↑ 画像の小さなビン。

前回のnumaさんとの釣行帰りに拾った。

昔からガラス類が好きで・・・

特に古いガラスが気に入っている。

この釣りをしていると古い集落の跡や炭焼き小屋の跡等等。

明らかに人の生活が感じられる場所に遭遇する。

皆さんもあると思う。

古びた石垣や不自然な平地・・・

そんな場所にこんなモノが転がっているはずだ・・・

その多くは破損し、原型を留めない物が大半だ。

ワタシは化石の収集家ではないので、破片を持ち帰ることは無い・・・

だが、極稀に完品に近いモノだけを見つけた時には持って帰る。

完品に近いモノを発見したのは二度目。前回はキレイな一升瓶だった。

この小さなビンはどうやら「椿油」のビンだったよう・・・

これは現在の製品とは違い、歪で手作りの風合いが色濃い。

 「小倉油」とある。

早速、検索をかけると某石油会社に吸収合併された会社と判明。

創業は明治だという。どの時期にこのビンが、あの渓に来たのかは知る由も無いが・・・

少なくともワタシが生まれる前に、ビンは渓にあったはずだ・・・

そう考えると非常に感慨深いものがある。

一個の小さなビンがワタシに古い渓での山人達の生活を想像させるのだ。

はたして渓の先人達は、「椿油」で何をしていたのか?

髪を撫で付けていたのか?

はたまた、厳しい冬季に荒れる唇に塗布していたのか?

想像するだけで焼酎がすすむ。

アナタも渓でコンナモノを発見したら、色々と夢想するのも楽しいかも(笑)

チョウブンサイゴマデヨンデクレテアリガトネ




コメント(4)